Board Alone 2012

しょーじぃの裏blog 仕事のこと。パソコンいじり。その他身の回りのこと。

Category: スポンサー広告  Tags: ---
Response: ------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 雪板の日々  Tags: ---
Response: Comment 0  Trackback 0

Board Alone '08 (5) 五竜47 イントラごっこ

前回からちょうど1週間後。
再び五竜を訪れました。
バスツアーの(強行)五竜日帰りプランです。
CA3A0708.jpg

CA3A0709.jpg
CA3A0710.jpg
CA3A0711.jpg
憎悪の
今日は12月22日です。この時期雨って、やっぱり一昨年と同じパターンなのでわ?
前日に人工雪でなんとか、下部のとおみゲレンデがオープンしたところだったのですが、
この雨でごらんの有様。
今日は再びクローズの模様。

わざわざ下で滑らんでも、上行ったらいいやんってとこですが、今日は初心者が1名
おりますため、可能なことなら下でレッスン形式でイントラごっこやろうと思ってたのですよ。

このメンバーとは1月にトマムに行くことになってまして、今日のこの初心者ちゃんが
唯一"スノボ"未経験だったのです。

で、いきなりのトマムで転んでばっかりでは、かわいそうだろうということで、
急遽今日の五竜行きを入れたわけですが・・・。

とりあえず、リフト乗り場付近に残ってる雪で、なんとかリフト乗れそうなところまで
終わらせてから、ビビる初心者ちゃんを引っ張って、ゴンドラに乗り込みました。

乗ったときには、ノーズドロップまでいって、ターンらしきことができたら
いいな。 程度に思ってたのですが。

(ここから先は、"イントラごっこ" に必死で写真はありません)

アルプス平もはじめのうち、まだマシな雪質で、バックサイドのサイドスリップ
やってるくらいまではよかったのですが、時間が経つにつれ硬くなってきたよ~。

フロントサイドやろうとするときにはもう、先週の八方のようなアイスバーンに。

次第に混雑も激しくなり(47がゴンドラ故障で終日クローズだったので余計に)
ここまで雪面が硬くなってしまうと、ちょっとやりにくい、っていうか俺にはムリやった

何を言ったところで恐怖の方が先にきてしまう。
手を添えてる間はいけるけど、離したとたん、ドスン。

あ~。
こんなときに第1回目だなんてほんとにかわいそうだ。
自分の力量の無さに、だんだん教えながら悲しくなってきた。
不甲斐ない。

あ、もっと悲しいのは教わってる本人だよね。
ごめんごめん。

何度も休憩入れながら、結局朝9時から3時くらいまでぶっ通しで
やりましたが、山回りも満足に終わらず。

アイスバーンの恐怖さえ無くなれば、飲み込みは速そうなので、
トマムで続きから連続ターン完成まで目指します。

あ~。それにしても。

C級インストラクターなんて、持ってるだけじゃクルマのペーパと一緒。
今日の状況なんかで言えば、教程読んだところで・・・

"アイスバーン時の初心者の指導"

なんて項目無いんだから。

プロのイントラさんって、こんな状況で初心者レッスンするときって
どうするんかなぁ。

やっぱり、スクール所属してノウハウ学びたかったなぁ。

スポンサーサイト

Category: 雪板の日々  Tags: ---
Response: Comment 0  Trackback 0

Board Alone '08 (4) 八方スケートリンク

定宿の「白馬風の子」です。
CA3A0673.jpg
昨シーズンからお世話になってます。
「ユースホステルの民間版みたいな・・・」とあるように一人旅に最適な相部屋の宿。

リピーターもいれば、HP見て初めて訪れる人も多いです(自分もそうでした)。
どんなゲストでもご一家が暖かく迎えてくれますよ。

今日もいい天気。
滑るにはいいが、今後のことを考えると心配だ。
CA3A0674.jpg

オーナー券が八方の方だけ500円安かったので今日は八方にしたのだが、
ゴンドラ側は駐車場が有料で500円だったのでした・・・。
(まだ名木山からは上がれないので。これは誤算ですた)
CA3A0675.jpg

雪、無いねぇ。
CA3A0676.jpg

CA3A0678.jpg

パノラマコース
CA3A0680.jpg
CA3A0681.jpg
去年、スノーナビに出演したときとはまるで異なる雪質。
特にリフト降りてすぐは青い氷が見えるスケートリンクそのものでした。
サイドスリップで降りるのもままならず。

47のルート1下部もそうですが、寒いところの人工雪ってどうしても
こうなってしまうのですね。

今日から無料コーヒーが始まるとのことでしたので、コース下のレストランへ。
CA3A0685.jpg
↑ガチャピンやムックよりインパクト大ですね。

八方は雪山11年目の昨年にして初めて行ったのですが、
まだ全然山全体を把握してません。
(ここの無料コーヒーも、風の子滞在の人たちに教えてもらいました。)

もっと若い頃に行っとけばよかったなぁとも思います。
あまりに広大すぎて、今の体力じゃ休み休みにしか降りてこれないから。

スケートリンクを後にして、さらに上へ。
CA3A0687.jpg
てっぺんはまだ当分開く様子がありませんね。
まぁ、片斜だからあんまり好きじゃないんですけど・・・。

CA3A0689.jpg
やっぱ雪無いなぁ。

今日開いてたのは、パノラマ上部とうさぎ平、黒菱の3つだけ。
本来の八方の3分の1以下かなぁ。

年末には降ると思いますけど、自分が旅行屋に入った年みたいな

「正月出発もツアーキャンセル」

だけは避けてほしいな。

Category: 雪板の日々  Tags: ---
Response: Comment 0  Trackback 0

Board Alone '08 (3) 五竜47 雪無い~

今シーズン初の天然雪を求めて白馬へ。

仕事場から直行で、1時過ぎに白馬村内に入りました。
道の駅で仮眠。

エンジン切って30分ちょっとで目覚めました。

「凍死するわ!」

外気温は-2℃くらいで雪もまったく降ってなかったですが、
コートにくるまっただけでは、ぜんぜんお話にならない。

地球様にはまことに申し訳ないのだが、ほんのちょっとだけアイドリング
させていただいて、車内暖めてるうちに上からしたまでジーパン、コートの
上からウェアを着て再度就寝。

-2℃でこれですから、本格的に雪降り出したシーズンではどうなってた
ことでしょう。

今シーズンは(毎シーズンですが)金が本当に限られるので、
車泊での雪山行も考えていかねばならないのです。

本格的な車泊対策を考えねばならないところです。
寝袋買っちゃうのが手っ取り早いのかな。

うとうとしたかどうか定かでない頃、小学生の登校の声で目覚めましたです。
CA3A0657.jpg

初日は五竜/47で決めてました。
宿のオーナー券借りると格安でいけるので、先に宿に寄ってから47側から
上がることにします。

やべぇな~。
一昨年(06/07)並に雪無いんでないかぃ?
CA3A0658.jpg

上に上がればなんとか、ありますけど11月の寒波以来あんまり降ってないらしい。
所々ブッシュや岩も露出しております。
CA3A0660.jpg
CA3A0665.jpg

こんな状況で当然チューン上がりの板など下ろせるはずもなく。
CA3A0669.jpg
代打は今年からsupermodelに代わり、balanceです。

アルプス平から。
CA3A0661.jpg
ここまで来れば滑走に支障ない程度には積もってますが、
里(村内)には雪がまったく無いですね。

シーズン初日(前回は滑ったうちに数えないことにしよう)にしては、調子イイかも。

今シーズンの個人的なテーマは、リーン(リーンアウト)。
めっさ基本的すぎますかね?

昨年撮ってもらった写真やビデオなどから、何が足りないかなって
考えてみたところ、「角付け作るのにもっと体軸倒しこんでもええんちゃうん?」
って勝手に結論。

重心移動とローテーションっていう補助動作をバカのひとつ覚えみたいに、
そればっかりに頼って、なんか必要以上に過度に体捻って無理やり曲げようとしてない?
って滑ってるうちに思うようになってきて。
でも気づいたのはもうシーズン終わりだったもので、今シーズンへの宿題だったわけです。

丸まったエッジでもしっかり食いついてくれる雪質だったこともあって、結構倒せましたわ。

Category: 未分類  Tags: ---
Response: Comment 0  Trackback 0

スクレーパー

いまさらながら・・・。
スクレーパーって、研がなきゃだめだったんだね。そういえば。

いつ買ったかも忘れた角の丸まったやつでせっせと、今まで削ってましたが、
このたび上がってきたチューンナップの板にサービスで新品のスクレーパーが
ついてました。
CA3A0655.jpg
スゲェ。びっくりするくらいの量が1回で剥がれる。
ガリガリじゃなくて、シュゥ~って音から違うもん。

滑りは中級からやや上級に向かいつつあると自認する今日この頃ですが、
メンテはまだまだ初心者でした。
CA3A0653.jpg
今年はストラクチャーも入って、どんな滑走性か楽しみ。
削ってブラッシングして、また塗っての繰り返し。
これからまだまだたっぷり吸収してもらいます。

Category: 雪板の日々  Tags: ---
Response: Comment 0  Trackback 0

Board Alone '08 (1) 五竜47 Mt.ROKKO 

慰安旅行の次の日はお休み。

タイヤ交換しました。
CA3A0648.jpg
来週は今シーズン初の白馬なので、今日が換える最後のチャンスだ。

持病のお漏らしがひどくなってきた。
最近、朝イチ乗るときには、信号停車でボンネットからモクモクと白煙が。
CA3A0647-2.jpg
集まる視線に向かって、
「いや、オーバーヒートじゃないっすよ」
って言いたいんだけどね。

だいぶ走らせて温もってきたら大丈夫なんやけどね。
そのうち直さなと思ってますけど、とりあえず走ってるうちは、俺って
何もしないんだろうなぁ。

レガシィ BG5 (しかも俺のはA型)。
大阪ではめっきり少なくなりましたが、白馬も含め雪国へ行ったら
色んなタイプ(GT,TS,TX,LX,250T)がまだまだ現役バリバリですけどね。

あ、そうだ。
以前書いてたスピーカですが、
ヤフオクで3千円で落とせました。
PAP_0012.jpg
予想通り前のスピーカーのブラケット?も流用できて、
フロント、リヤともにポン付けできましたよ。

ビリビリ音は無くなりましたが、さして音はよくなってませんね。
これ以上は、デッドニングとかせなあかんのかな。


Category: 小阪村の人々  Tags: ---
Response: Comment 0  Trackback 0

四国 慰安旅行 2日目

朝です。
CA3A0603.jpg
いつも、"三十人会"とか、"小"とか、勝手に名前変えられることが多いのだが、
今日は一文字たりとも間違ってなかった。

食べさしのきたない写真ですんません。
CA3A0602.jpg
今日はこれでも食べれたほうなんですが、いつも旅館の朝ごはんって、
食べれません。
別においしくないんじゃなくて、朝からこんな純和風なお食事を胃が
受け付けないのね。
(白馬で泊まる風の子では、おいしく完食できるんですけど)

今日はバスごとフェリーに積み込んで、松山の対岸、広島の呉へ向かいます。
CA3A0604.jpg
呉をどうしても組み入れたいと思ってたのだが、しまなみ海道を延々
走っていくと着いたらもう、向こうを出る時間になってしまう。

で、思いついたのがフェリー利用だ。バスごと乗せてしまうという発想が
今まで思いつかなかったのだが、別に乗ってもいいのだ。
運転手さんも楽やろし。
CA3A0616.jpg

昼食会場へ向かう途中でお目当てのものが先に見えてしまった。
CA3A0631.jpg

昼食後にまずは、大和ミュージアムだ。
CA3A0640.jpg
ここは開館後、すぐに行ったことがあるのだが、2回目にもかかわらずじっくり
見てると、あっという間に時間が経ってしまう。
400円で、これだけ知識を得られれば興味の無い人でもお買い得だろう。

撮り忘れたけど、このほかにゼロ戦や、魚雷の残骸なんかも置いてある。
CA3A0641.jpg
実際、こんなのには全然興味無さげと思ってた、
我が村の一行も時間を忘れて見入ってた。
これはマジでオススメです。

ちょっと時間が押してきたので、後半はさらっと流し気味に
なってしまったが、次へ。
CA3A0642.jpg
さっき、バスの中から見えてしまったが、実際に自衛隊で使われてた
潜水艦をそのまま持ってきて、中を展示してある「鉄のくじら館」。

こっちは入場無料です。自衛隊の広報施設だかららしい。

これを持ってきて据え付けるんは、道路で新幹線を運ぶ以上の苦労があったんでしょう。
CA3A0644.jpg

建物に隣接して潜水艦が置いてあり、その建物(主に掃海技術や歴史の紹介)
を最後まで上りきったところに潜水艦の入り口がある。
中には説明のおっちゃん(元潜水艦乗り?)がいて、装備されてる機器の
説明なんかをしてくれる。

想像どおり、中はかなり狭い。

沈黙の艦隊の「たつなみ」の中はこんな感じやったんやね。

潜水艦の中は撮影禁止なんで写真はございません。

以上で見学終了で、あとは延々大阪まで高速を走り続けるのみ。
バスに積んでる業務用ビデオも2本(極妻と愚連隊)完全に流し終わってもまだ着かない。

ちょっと帰りの行程は無理しすぎたね。
運転手さんもお疲れ様でした。

Category: 小阪村の人々  Tags: ---
Response: Comment 0  Trackback 0

四国 慰安旅行 1日目

村の旅行で四国は道後温泉へ(添乗員兼参加者として)。

暖かく、長い秋が続きましたが、ようやくこの日(12/6)は四国でも
雪が舞う天候になりました。

CA3A0580.jpg
恒例の1泊2日5万円の豪遊旅行だが、とりあえずは今年で最後ということに勝手にしてます。

知った村の仲間で、サロンのバスを貸し切って行く旅行は楽しいのだが、
個人的にはとてもじゃないが、もう金のやりくりがムリ!
これからのシーズンがいちばん金かかるというのに。
CA3A0581.jpg
風が強く、瀬戸大橋が通行止めにならないか心配でしたが、50km/h規制で
なんとか動いてました
(自動二輪のみ通行止めになってました。ツーリングのときこんなとこで足止めくいたくないなぁ)

途中、こんぴらさん(金刀比羅宮)でメシ食って、次は松山城。

ご丁寧に運転手さんが案内してくれましたが、
AX.jpg
松山へ着く手前、高速の上から、アクロス重信が見えます。

思わず、

「ちょっと寄って!」 って言うてしもた。
もちろん全員に一蹴されましたが(スノーボーダーは俺以外一人としていません)。

しばし走って、松山城。
当初予定には無かったが、一行に城マニアがいて、行きたいということで急遽組み込んだ。
CA3A0587.jpg
16:30入場締め切りで、着いたの16:15。
一般のお客さんの添乗やったら、ムリです!ってはじめから断ってるところ。

松山城は全国の現存12天守のひとつ。
詳しくは、WIKIでも見てください・・・。

CA3A0591.jpg

CA3A0593.jpg
日本史に疎い自分には、城自体は「へぇ~」って感じでしかなかったのだが。

CA3A0596.jpg
てっぺんからの景色は、さすが天守閣というだけあるなぁ。

帰りはケーブルカーが目前で発車していったので、リフトで。
CA3A0599.jpg
シングルリフトなんて、久々だす。

駆け足での城見物を終えたら、道後の旅館へ。


宴ののち、道後の街を満喫したもの、終始泥酔者の介抱で終わってしまった者など
各自夜は更けてゆきました。

Category: 未分類  Tags: ---
Response: Comment 0  Trackback 0

しわす

いつの間にか12月。
今年はまだ初滑りを果たしてません。



明日は村の祭りの仲間との旅行です。

仕事柄毎年自動的に幹事になるのですが、毎年毎年何かトラブルが。

もう今年で旅行自体最後にするって名言してるので、最後のお勤めがんばってきます。

何事も無いといいのですけどね。

12 2008
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
プロフィール

しょーじぃ

Author:しょーじぃ
大阪府堺市在住。
小さなレジャー産業の会社勤め。

秋には、地元で祭やってます。
だんじりです。

 
 
 
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。